まだ学校で消耗してるの?

2017年5月より小2長男・脱学校につき、家族で「学校のない生活」を模索中

ツイッター、それは不登校の「情報」と「仲間」が一気に集まる場

最近、アカウントを作り直して、またツイッター界に出入りするようになりました。 最初に作った時は、ありがちなんですが、カッとなることが多くなってしまい、しんどく感じてやめました。 今回作り直したのは、ROM専でテレビドラマや好きなアーティストのア…

『不登校新聞』506号(2019年5月15日)

『不登校新聞』最新号の紹介です。 506号ラインナップ 気になった記事を2つだけ なぜ紹介するの? 506号ラインナップ ●「夢中になれたら人は変われる」不登校の家庭を描いた漫画家・入江喜和さんに聞く ●大分県教委「不登校児童生徒支援プラン」 不登校支援…

『不登校新聞』505号(2019年5月1日)

『不登校新聞』最新号の紹介です。 なぜ紹介するの? 505号ラインナップ 気になった記事を3つだけ なぜ紹介するの? わが家では、全国不登校新聞社が発行している『不登校新聞』を購読しています。 毎号、面白い読み物や情報がいっぱいで、これのおかげでい…

中間教室その後(半年経ちました)

長男が中間教室に通うようになって、半年が経ちました。 ――中間教室とは? 中間教室というのは、どうも長野県内独特の用語のようですね。 上田市では「ふれあい教室」と呼ばれています。 佐久市だと「チャレンジ教室」だそうです。 おそらく全国的には、「適…

『不登校新聞』504号(2019年4月15日)

わが家では、全国不登校新聞社が発行している『不登校新聞』を購読しています。 毎号、面白い読み物や情報がいっぱいで、これのおかげでいろいろ助かっているという「恩人」ならぬ「恩紙」です。 不登校・ひきこもりライフを支えてくれるいい情報源なんです…

学校が子どもに対応しきれていない現象

4/17の『信濃毎日新聞』を読んでいたら、こんなコラムを発見しました。 教育研究家の古山明男さんが書かれたものです。 昨日ポストした、不登校の「不適応型」で脱線して書いた「そもそも既存の学校(公教育)の環境や仕組みがどうなのよ?」に対する、ひと…

【続編】学校の環境や仕組みが合わない不登校の「不適応型」

前の投稿で、不登校のきっかけは大きく分けて5つという話をしました。 最初は4つとしていて、その後5つと改めたので、書き足すと大長編になってしまい……。 そんなわけで、新たに加えた「不適応型」はこちらで書くことにしました。 さて、「不適応型」です…

不登校は「きっかけ」でその後の対応がかなり変わる

不登校は、 ・子どもの年齢 ・不登校の原因 ・学校との関係性、関わりの度合い ・葛藤の有無 ・家庭の状況 など、変数がとても多いので、ひとくくりにできないところがあります。 私がそのことに気づいたのは、不登校の豊穣なる世界に足を踏み入れてからのこ…

どうする? 学校から不登校家庭へのアプローチ

もう昨年の春のことになってしまいますが、新年度(2018年4月)に学校から連絡がありました。 不登校中の、学校からのアプローチ。 不登校界隈ではだれもが一度は経験することのようですが……。 いじめ問題渦中の担任と校長が異動に 2018年4月に、長男の1・…

《後編》子どもとヨコの関係になる、恐れを手放して愛するには? ~「オヤトコ発信所と勉強会」に行ってきたよ

↓《前編》はこちら futoko.hatenablog.jp では、後編にまいりましょう。 午後は、「愛する」について学び合います。 「愛」ってなんだ? ムカッときたら、その手前を見る I(アイ)メッセージで伝える やり方を知らないなら学べばいい 練習あるのみ! 大人の…